スタッフブログ

スタッフブログ

唾液の量が減るとどうなるの?

歯科衛生士の池内です♪

 

 

今回も、前回(2017年3月12日)に引き続き「唾液」についてです。

 

今回は、唾液が減るとどうなるかについて、お話させて頂きます。

皆様、‘ドライマウス’って聞いた事ありますか?

「お口が渇く」のが一時的ではなく、慢性的に起こるのがドライマウス(口腔乾燥症)という病気です。

 

唾液が減ると前回お話させて頂いた唾液の働きが弱くなり、虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまうのです。

 

 

それ以外に、味覚障害が起こったり、口臭が強くなることもあります。

 

 

では、口臭乾燥のサインとしてどのような症状が現れるか…ですが、

 

1、水がないと食べ物が食べられない

2、唇が渇く

3、お口の中がカラカラする

4、話しづらい

5、唇や口角が切れやすい

6、口内炎ができやすい

7、お口の中がネバネバする

8、舌がヒリヒリする

9、目も乾く

10、舌が乾燥している

 

 

皆様、いくつ当てはまりましたか?

 

 

これらを、日常的に感じるようでしたら、一度歯科医院の受診をおすすめします。

 

 

唾液の量が減るのは、色々な原因がありますが、当院で行っていますMFT(口腔筋機能療法)を行うことによって、唾液量UPに繋がる事もありますので、気になる方はご相談下さい。

1490010635314

 

 

 

 

 

 

 

1490010635533

 

 

 

 

 

 

写真は、桃太郎神社と犬山城です⭐

 

2017年3月20日