スタッフブログ

スタッフブログ

MFT学会報告の続きです(^.^)

こんにちは!歯科衛生士の池内です。

 

DSC_0639

 

 

 

前回のMFT学会の報告の続きで、誤嚥性肺炎についてお話をされて頂きたいと思います。

 

誤嚥性肺炎に関しては、以前(2017年8月20日)お話をされて頂きましたが、今回はMFT(口腔筋機能療法)の観点からお話をしたいと思います。

 

誤嚥をする原因の1つとして、お口の中(頬・舌など)の筋力の低下があります。

 

例えば、皆さん、ある日食事をしていて急にムセたりすることはありませんか?

頬や唇と歯の間にものが詰まり易くなったりしていませんか?

食事中、よだれが出てくる事はありませんか?

食べこぼしはありませんか?

 

これらは、お口の中の筋力の低下が原因として考えられます。

 

もちろん、他の原因もあり得るので、一概には言えませんので、長引く場合はお医者さんに相談して下さいね。

 

 

誤嚥性肺炎の予防には、舌の筋力を鍛えることが効果的だと言うデータがあります。

最近は、ご高齢の方に限らず、お子様の舌の筋力の低下も問題視されるようになってきました。

お子様の舌の筋力が弱るとどうなると思いますか?

 

虫歯になりやすくなりますし、歯並びにも影響が出てきます。

 

舌の筋力を鍛える方法の1つとして、口腔筋機能療法(MFT)があります。

 

口腔筋機能療法(MFT)は幅広い年代の方に是非取り入れて頂きたい訓練です。

 

健康でいるには、おいしく食べ、楽しくお話をし、たくさん笑う事ではないでしょうか。これら全てお口が関係していますよね。

 

お口の健康を保つことが、全身の健康に繋がります。

 

将来に備えて、今できる事から始めていきませんか?

 

今を大切にしていきたいですね(^o^)

 

 

 

DSC_0638

 

 

写真は龍安寺です。

 

2017年11月19日