スタッフブログ|大阪市城東区今福東で歯科・歯医者をお探しの方はよしだ歯科まで

時間 日祝
9:30~12:30
15:00~19:00

△:15:00~16:30
休診日:木曜・日曜・祝日

〒536-0002
大阪市城東区今福東2-7-15 第2泰平ビル2F

  • 地図

実は飲みすぎると恐い(>_<)

_20160224_235819こんにちは!歯科衛生士の池内です。

暖かくなり、水分補給の為に、飲料水を手にとる回数が増えてきているのではないでしょうか。

その飲料水が虫歯の原因になりうる事をご存知です?

実は、冷えた飲料水は甘さを感じにくいんですよ。

こんな経験ありませんか?例えば、コーヒー。お砂糖を入れて飲まれる方は、温かいものよりもアイスコーヒーの方がお砂糖をたくさん入れていませんか?

それは、甘味は、体温に近くなればなるほど強く感じると言う事が関係しているからです。

ぬるくなった清涼飲料水よりも冷えた状態の方がおいしく感じますよね。

冷えた状態でおいしき感じる甘さで作られているそうなんですが、清涼飲料水には、香料や酸味料も添加されているので、より一層甘さが感じにくいんです。

炭酸飲料は、虫歯になりそうという観点から控えた方がいいのかなと思われる方も多いと思いますが、「健康」とつくスポーツ飲料や乳酸菌飲料となると「健康のために」と大量に摂取してしまっている事はありませんか?

では、1日に摂取してよいとされる糖分は何グラムだと思いますか?

小学生で、20グラム、成人で25グラムまでとされています。

それでは、ここからは、飲料水別に500ミリリットル中に角砂糖が何個分含まれているか見ていきましょう。

ちなみに、角砂糖1個は、約4グラムです。

①炭酸飲料水は、お砂糖65グラムで、角砂糖約16個

②清涼飲料水は、お砂糖58グラムで、角砂糖約14個

③栄養ドリンクは、お砂糖52グラムで、角砂糖13個

④乳酸菌飲料は、お砂糖50グラム以上で、角砂糖約12個以上

⑤スポーツ飲料は、お砂糖30グラムで、角砂糖約8個

⑥100%リンゴジュースは、お砂糖3グラムで、角砂糖約8個です。

意外にお砂糖まみれなんですよ

カロリーオフやカロリーゼロのものも増えてきていますが、あれは、糖分を使っていないと言う事ではないので、要注意ですよ。

水分補給は必要ですので、お水を中心にするのが良さそうですね。

そして、定期検診を受ける事もおすすめします(^O^)

 

2016年5月8日

キシリトールって何がいいの?

_20160225_000155こんにちは!歯科衛生士の池内です。

今回は、「キシリトール」についてお話させて頂きたいと思います。

キシリトール=虫歯予防の効果があると言う事はだいぶ浸透してきたように思いますが、それには条件があると言う事はご存じでしょうか?

本日は、その辺りを掘り下げてお話したいと思います。

 

「キシリトール」は、天然素材の甘味料で、甘さは、何とショ糖(お砂糖の主成分)と同じなんです(^O^)キシリトールは、糖アルコールのひとつで、虫歯になりにくいのが特長です!

虫歯の原因は、色々ありますが、その第一位がお口の中のミュータンス菌。このミュータンス菌に大きな影響を与えるのがキシリトールです。

 

では、キシリトール製品はどのようなものが良いのでしょうか。

キシリトールを選ぶ基準としては…

①キシリトールが、その製品に使用されている甘味料の50%以上であること。プラス、その製品の総重量のほとんどがキシリトールで占められていること。

 

②キシリトール以外の甘味料が、ソルビトール・マルチトール・マンニトールのような低酸産性のものを使用していること。

ショ糖(お砂糖)が含まれている製品は、キシリトールの効果は発揮されないので注意ですよ。

③クエン酸のような酸を含まないもの

購入する際チェックして下さいね。

次に、効果的な食べ方をお話しますね。

①1日を通して少量を回数多く食べること

キシリトール100%のガムなら、1日5~9個が目安です。

 

②甘味料としてキシリトールもしくは、キシリトールが主に使われているシュガーレスの製品であること

③1日に3回は食べること

虫歯になりやすい人は、1日5回が望ましいです。

④毎日食べること

 

⑤食後や間食の後に食べること

是非、これを参考に実践してみて下さいね。

ちなみに、この内容を詳しく書いてる冊子を当院においてますので、待ち時間によろしければ手にとってみて下さいね(^-^)/

 

 

 

2016年2月24日

赤ちゃんはいつからむし歯菌に感染するの?

皆様、こんにちは(^O^)

歯科衛生士の池内です♪

前回妊娠中のお口の中のお話をさせて頂いたので、今回は、関連付けて産まれてくる赤ちゃんのお口の中についてのお話をさせて頂こうと思います。

ところで、皆様、生まれたばかりの赤ちゃんにはむし歯菌(ミュータンス菌)は存在しないってご存じですか?

では、いつ頃からむし歯菌に感染するのでしょうか?

実は、奥歯が生える1歳6か月頃に周りの大人の唾液を介して感染すると言われています。そして、1歳6か月頃から奥歯が生えそろう2歳7か月頃までがいちばん感染しやすい時期とも言われています。

日本人の大人の約9割にミュータンス菌がいると言われていますので、周囲の家族や大人が自身のミュータンス菌を減らして、赤ちゃんに移さないようにする事が大切なんですよ。

1歳6か月頃になると、糖分を摂る機会も増えてくると思いますが、なるべく、お菓子やジュース、乳酸菌飲料は控えるようにしましょう。

そして、赤ちゃんをむし歯にさせないために、大人が出来る事は…

①きちんと歯磨きをしましょう。

 

②積極的にキシリトールを摂取しましょう。

※出来たら、歯科医院専売のキシリトール100%のものがおすすめです。

当院で、販売しているのは、甘味料としてキシリトール100%なので、安心ですよ。

 

キシリトールに関しては後日詳しくお話させて頂きますね。

③歯科医院で定期的にクリーニングを受けましょう。

ミュータンス菌に感染する年齢が低い程、むし歯のリスクが高くなりますので、赤ちゃんが将来むし歯で苦しまないよう、周りの家族や大人もケアしていく事が重要になります。

出来る事から実践していきましょう。

 

2016年2月14日

妊娠が分かったら

こんにちは(^O^)歯科衛生士の池内です。

今回は、妊娠したらお口の中でどのような変化が起こるのかについて、お話させて頂きたいと思います。

まず、唾液の量に変化が起こります。

妊婦さんによっては、唾液の量が減ってお口の中がネバネバすると感じられる方もいらっしゃる一方で唾液の量が多すぎて気持ち悪くなる方もいらっしゃいます。

妊娠初期には、「つわり」が起こる方が多く、吐き気をともなう「つわり」や、食べ物の好みの変化により、歯の表面が弱くなり、虫歯ができやすかったり、虫歯が進行しやすくなります。

また、女性ホルモンの増加により、歯ぐきが腫れやすくなり、歯磨きする時に出血しやすくなったりと歯ぐきにも問題が出てきます。

歯周病にかかってる妊婦さんとかかっていない妊婦さんとでは、早産や低体重児出産のリスクが5~7倍になるとも言われています。妊娠中の歯周病は、赤ちゃんにも影響を与えますので、この時期のお口のケアは重要なのです。

歯周病の治療をしっかりする事で、炎症を最小限に抑える事ができます。

 

ちなみに、赤ちゃんの歯はいつ頃からできると思いますか?

実はとても早く、妊娠7週目頃からつくられはじめるんですよ。

でも、妊娠中「つわり」がひどいと歯磨きどころではないですよね。

「つわり」がひどい時は、気分がよい時にササッとすませたり、食後すぐに水で強めにブクブクしたり、キシリトールガムやタブレットを利用して、この時期を乗り切りましょう。

 

歯ブラシは、小児用のヘッドの小さいものなど、なるべく小さめのものを選ぶ事をおすすめします。

自分でできない時は、歯科医院でクリーニングをするだけでも、お口の中を清潔に保つことが出来ますので、できることから一緒に始めていきましょう。

 

 

2016年2月11日

歯ブラシ交換の目安

140227こんばんわ、歯科衛生士の谷口です。

今日は歯ブラシについてお話します!
皆様、歯ブラシはどのくらいの期間で
交換されていますか?

歯ブラシの柔らかさにもよりますが、
一般的に歯ブラシの交換の目安は
一ヶ月に一本とされています。

しかし、それまでに歯ブラシの毛先が
開いてきたり、コシがなくなってきたり
した場合は交換のサインです。

毛先が開いた歯ブラシで磨くと
歯にきちんと毛先が当たらないので
歯垢を落とす力も弱まります。

お口の中に入れるものなので
常に歯ブラシを清潔に保つことも
意識してみてみましょう。

歯磨きはお口の健康を保つために
最も大切なことです。

また、どの歯ブラシを使えば良いのか
分からない、迷っているという方は
沢山いらっしゃるかと思います。
そんな時はいつでも相談してくださいね!

また更新します。

2014年2月27日

歯垢(プラーク)について。

140220こんばんわ。歯科衛生士の谷口です。

今回から少しずつ歯のことについて
お話しさせていただきます。

本日は歯垢(プラーク)についてです。

まず、お口の中には人間の体で
最も多くの細菌が存在していると
言われています。

ここで注目していただきたいのが
むし歯や歯周病、口臭の原因となる
歯垢(プラーク)についてです。

皆様、コマーシャルなどで
1度は聞いたことがあると思います。

歯垢は食べかすと思っている方も
多いようですが、これは歯の表面に
付着して繁殖する生きた細菌の塊なのです。

1mgの歯垢の中にはおよそ1億個もの
細菌が存在すると言われており、
この細菌が歯に悪い影響を与えます。

歯に付着した歯垢はとても粘り気があり、
うがいでは決して除去することができません。

毎日の歯磨きで歯垢を落とすことで
お口の健康を保つことができます。

特に歯周病はむし歯とは違い
痛みもなくどんどん進行していきます。
痛みが出た頃にはもう重度の歯周病、、、
という方もいらっしゃいますので、
少しでも気になることがありましたら
いつでもご相談ください。

次回は歯ブラシについてお話します。

2014年2月20日

1 2 3 4
ページトップへ