スタッフブログ|大阪市城東区今福東で歯科・歯医者をお探しの方はよしだ歯科まで

時間 日祝
9:30~12:30
15:00~19:00

△:15:00~16:30
休診日:木曜・日曜・祝日

〒536-0002
大阪市城東区今福東2-7-15 第2泰平ビル2F

  • 地図

歯科衛生士医療系国家資格最強説

院長の吉田です。

 

前回の投稿で歯科衛生士のお話をさせていただきましたので、今回はその役割といいますか、業務内容について述べたいと思います。大きく分けて3つあります。

 

1、歯科保健指導:

これは皆さんご存じの通り歯磨き指導ですね。患者さんにあった歯磨き用品の紹介、入れ歯の清掃や管理方法指導、などですね。正直お口のケアに関しましては歯科医師よりも歯科衛生士の方が詳しい事も少なくありません。

 

2、歯科予防処置:

虫歯、歯周病、歯列不正などになりにくくし、よい状態を維持するための処置ですね。歯石除去、歯面清掃、フッ素等の薬物塗布、口腔筋機能療法などですね。

 

3、歯科診療補助

歯科医師が行う治療の補助、サポートです。常に歯科診療の流れを先読みし、患者さんの状態を把握しつつ、円滑に治療が進むようにします。

 

ちなみに、矯正治療におきましては日本矯正歯科学会、日本小児歯科学会の見解では、ワイヤーを曲げる事以外は全て歯科衛生士が処置可能としていますので、当院でもその見解に沿った対応をさせていただいております。(但し、歯科医師と同等の歯科矯正学の研修を受けた歯科衛生士に限る)

 

 

逆に、出来ない事は

歯の切削、歯を抜く、麻酔注射そして

レントゲン撮影をする事、等です。

 

 

レントゲンに関しましては、患者さんの位置決め、装置の保持等は歯科衛生士が行う事に問題ありません。

 

ですので当院ではレントゲン撮影の際セッティングと装置の保持等は歯科衛生士が行う事もあり、それを歯科医師が確認した上で撮影ボタンを押します。

当院におきまして歯科衛生士が撮影ボタンを押す事は絶対にありませんし、歯科医師が全責任をもって撮影させていただいておりますので、どうぞ安心して検査をお受け下さい。

 

 

今回は歯科衛生士の役割と業務についてお話させていただきました。

 

私は歯科衛生士は医療系国家資格最強!、と思っております(笑)

 

人類の難病の一つである、歯周病を治せるのですよ!歯科医師も治せないような歯列不正を治せるのですよ!

(歯科医師の先生方からのお叱り覚悟で言いました!)

他にも理由はたくさんありますが、また別の機会に。

 

 

もし中高生や資格取得を目指す社会人の方がこのブログを読んでおられましたら、是非とも歯科衛生士を目指して欲しいですし、願わくば卒業後当院で勉強してレベルの高い歯科衛生士になって欲しいです。

すみません、今回の投稿は暴走気味になってしまいました。大変失礼致しました。

 

PIC000027~2

吉田

 

 

2021年1月16日

2021年明けましておめでとうございます!

院長の吉田です。

 

140206

 

 

コロナ感染拡大の収束が見えないまま、新年を迎える事になってしまい、おめでたくない雰囲気が漂ってますが、明るい未来を信じあえて言わせていただきます。

 

明けましておめでとうございます!本年もよろしくお願い致します!

 

 

さて、今年は最初に

「一生何でも食べれる歯を維持するには」

という話をさせていただきます。

歯を失う原因として主に虫歯があります。

「虫歯やったら治療して終わりでしょ?」

とよく言われます。果たしてそれで一生安泰なのでしょうか?

「私はすごい歯磨きしてるから大丈夫!」と言われます。

それはもちろん大切ですね。

しかし、実は一回治療した歯がまた虫歯になる確率はかなり高いです。

 

そもそも治療が精密に行われてないといけません。

 

そして、一回虫歯になったという事は虫歯菌がお口の中にいるわけですから、その数を少なくコントロール出来てないといけません。

 

それに加え、歯並びやかみ合わせが良くない方は再発のリスクが上がるため、更なる対策が必要となります。

 

食生活の見直しや口腔機能のチェックも続けないといけないです。

 

セルフケアでは限界がありますね。

 

そこで歯科医院に定期的に通い歯科衛生士さんのケアを受けて頂く事をお勧めします。

 

歯科衛生士は以下の事を行います。

 

虫歯になってないか?虫歯でも治療の必要がある虫歯なのかどうか、のチェック。

 

詰め物の適合、かみ合わせに問題ないか?のチェック。

 

歯石や着色、歯垢を綺麗にし、虫歯菌が住みにくい環境にする。

 

食生活や口腔機能(舌や口唇の力、嚥下機能)のチェック。

など。

 

もちろん歯科医師もこれらを行うわけですが、歯科衛生士の技術と見識で歯科医療の質がずいぶんと変わってくるのが事実です。

 

実際、皆様も歯科医師より歯科衛生士のほうが何かと相談しやすい事はないでしょうか?

 

残念ながら、かみ合わせや口腔機能のチェックまで出来る歯科衛生士は多くないですよ。

 

質問

「一生何でも食べれる歯を維持するには」

 

 

答え

「確かな技術と見識を持ち、親身になってあなたの歯をケアしてくれ、そして末長く診てくれる歯科衛生士さんを見つける事!」

 

これは断言出来ます(あくまで個人の見解ですが)

 

しかし、このような歯科衛生士さんは残念ながら多くないですよ・・・

 

当院は開院してから20年が経ち、無事21年目を迎える事が出来ました。

 

 

20年間通い続けていただいてる患者様もたくさんいらっしゃいます。

 

本当にありがとうございます。

 

スタッフの皆様、業者のみなさま、いつもお世話になりありがとうございます。

 

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

院長 吉田

2021年1月5日

お久しぶりでございます(^-^)

皆様、こんにちは!

 

歯科衛生士の池内です!

 

ブログの更新が出来ていなくてすみません(>_<)

DSC_0643

いきなりですが、皆様しっかり睡眠はとれていますか?

 

成人に限らず、最近はお子様の睡眠不足も深刻化してきているので、心配です(;゚Д゚)

 

睡眠不足の原因は色々ありますが、実は歯科にも関係があります!

 

【睡眠時無呼吸症候群】って聞いた事ありますか?

 

どこかから、それは肥満体型の中年男性がなるんでしょって聞こえてきそうですが、それはそんな事ないんですよ!

 

老若男女、お子様も含めた全ての年齢で発症するんです(>_<)

 

そして、色んな病気の発症リスクも高めてしまいます。

 

例えば、肥満、高血圧、糖尿病、歯周病など、さまざまな生活習慣病になったり

 

血液の流れが悪くなる事により、心筋梗塞や脳梗塞が起こりやすくなります。

 

恐いですよね((( ;゚Д゚)))

 

で、その【睡眠時無呼吸症候群】は、睡眠障害の1つなんですが、そのサインともされるのが、「いびき」なんです。

 

いびきは、厳密に言うと口呼吸(お口がうまく閉じれずポカンと開いている状態のことを言います。お口がうっすら開いている状態も口呼吸です)なんです。

 

その口呼吸があると睡眠の質を下げてしまうんです。

 

眠っているのに、疲れがとれないし、日中も頭がボーっとしてしまう事ありませんか?

 

もしかしたら、口呼吸

しているかもしれません。

 

なぜ、老若男女、年齢関係なく、痩せていても【睡眠時無呼吸症候群】になるのかと言うと、口呼吸により舌の位置(本来は上あごについています)が下がる事により、下あごがさがり、気道を狭くしてしまっているからなんです!

 

口呼吸も、舌の位置も歯並びにも大きく関係しています。

 

口呼吸も舌の位置も改善する事は可能です。

 

睡眠時無呼吸症候群に対しての治療もありますので、気になる方は是非ご相談下さい!

 

睡眠の質を高めて日々の生活をより充実させていきたいですね!

DSC_1040

ではまた(^-^)

2020年10月25日

いかがお過ごしでしょうか?

皆様、お久しぶりです\(^o^)/

歯科衛生士の池内です!

新型コロナウイルスの影響もあり、色んな制限がある中、新しい生活様式が定着しつつありますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?


PIC0000A

 

歯科医院での感染リスクに関して、メディアで色々なご意見を頂いておりますが、私自身、診療に携わる中で、不要不急でない治療も多いように感じております。

 

皆様不安も多いでしょうし、今診療に行っていいのかな?と思われてる方もいらっしゃるとは思いますが、当院としては、感染対策は徹底し少しでも、その不安を拭えたらと考えております。

DSC_1726

 

皆様のお口の健康を維持するためには、日々のケアも欠かせません。

 

例えば、虫歯や歯周病を放置する事により、全身にも影響が出てきます。

 

色々な病気に感染するリスクも高くなってしまいます(*_*)

 

また、歯並びに関しても治療の開始時期はとても大切です。

 

時期を逃してしまうと、治療自体が難しくなったり、長期に及ぶ事も…

 

当院で行っております口腔筋機能療法(MFT)も時期はとても大切です。

 

 

新型コロナウイルスと共存しながらの日々がまだまだ続きそうですが、皆様には、ご自身のお口の健康も保って頂きたいなと思っています。

 

私事にはなりますが今回ご依頼を頂き、歯科医師、歯科衛生士を対象としたMFTの講演会をさせて頂きました。

 

コロナ禍ですので、人数を制限して、そしてフェースシールド着用で 【MFTを取り入れた小児の咬合育成 】と題しまして講演会をさせて頂きました。

 

この場をお借りしまして、改めて今回お集まり頂きました先生方、歯科衛生士さん、スタッフの皆様に感謝と厚くお礼を申し上げます。

 

DSC_0022.JPG

皆様の健康増進の手助けが出来るよう、この時期だからこそ、皆様に良い治療を提供出来るよう研鑽を積んでいこうと改めて感じています。

2020年7月12日

早いもので12月!

皆様、こんにちは(^O^)

歯科衛生士の池内です。

早いもので、もう12月ですね。

皆様どんな1年でしたか?

私は、経験を積むことが出来た1年だったように思います。

たくさんの機会を与えて下さった方々に感謝し、これからも研鑽を積んでいきたいです。

DSC_1726

歯科衛生士を長年続けていると、全身の健康と歯には密接な関係があることを痛感しています。

そして、全身の健康には噛み合わせがとても大事であること!

 

ですが、正しい噛み合わせって意外に知られていないんです。

 

歯が重なったり位置がズレていなければ、歯並びがいいから大丈夫?

実は、それは間違いなんですよ。

 

もし、噛み合わせが心配な方は一度ご相談下さい!

1570955731330

噛み合わせが将来の歯の本数にも影響を及ぼしますし、身体の健康にも関係してきます。

 

気付いた時が始める時ではないでしょうか?

 

私はこれからも色んな形で皆様に噛み合わせの大切さ

そして、MFT(口腔筋機能療法)に関してお伝えしていきたいと考えています。

 

DSC_1854

写真は、高千穂鉄道からの景色と

高千穂峡で見つけた幸せの黄色いポストです♪

皆様にとって、幸せと感じることが増えますよーに(^o^)

小さな幸せの一つ一つを大切に感じつつ日々過ごしていきたいものですね。

2019年12月5日

健康まつり2019

院長の吉田です。

久しぶりに投稿させて頂きます。ご無沙汰して申し訳ございません。

今年も10月19日土曜日に城東区健康まつりが区民センターにて行われ、大勢の方に来ていただきました。

 

DSC_0213

そして、城東区歯科医師会主催の8020運動達成者の表彰式も行われました。

8020運動とは日本歯科医師会が推奨している運動で「80歳で20本の歯を残そう」という運動です。

歯が20本あればほとんどの食べ物を噛むことが出来る事から「生涯自分の歯で食べる楽しみが味わえますように」との願いを込めて1989年より行われております。

さて今年は当院からも8020達成者の患者様が表彰式に出席されました。

この患者様は当院のほぼ開業当初から定期的に通院していただいており、本当に歯を大切にされております。そのせいか、すごく若々しい雰囲気を持っていらっしゃいます。(失礼かもしれません、ごめんなさい)

この度は本当に8020運動達成おめでとうございました!

DSC_0215 (2)

 

2019年11月7日

学会報告

皆様、こんにちは(^o^)歯科衛生士の池内です。

ブログの更新が3ヶ月ぶりになってしまいすみません。

 

口腔筋機能療法(MFT)学会に出席してきましたので、今回はそのご報告をさせて頂きます。

1571018337075

 

 

当院でも、約10年前から取り入れておりますMFTですが、最近、食べ方がおかしい(よくムセる、うまく飲み込めない)や、発音がおかしいと患者さまや保護者の方からご相談を受けることが多くなってきました。

 

実際、食べ方や話し方ってどこで相談するのがいいのかわからないと思っている方も多いのも事実です。

 

DSC_1921

食べ方や話し方にはお口の筋肉などを含んだ色々な機能が関係しています。

 

そして、そのお口の働き、筋肉のバランスが歯並びにも影響を与えます。

 

原因を探りそこに対してアプローチすることも大切ですし、早期に対応して(歯が生えてくる前からが一番重要な時期だと言われています)未然に防ぐ事が大事になります。

 

お口の筋肉などが弱くなってしまった事によって、食べ方や話し方、歯並びに影響が出ているのであれば、MFTは効果的ではあります。

 

ですが、筋肉を鍛えればいいと言うのは違うんです。

 

例えば、お口がポカーンとならないように唇の力は強ければ強い方がいい!それは、全員には当てはまらないですよ!と言うことです!

 

MFTが必要かどうかも含めしっかりとした診断の下、指導を行っていくことが大切であると言う事を今回の学会では再認識する事が出来ました。

 

これからも、皆様に良い医療を提供出来るよう研鑽を積んでいきたいと思います!

 

パワーチャージしに、高千穂峡に行ってきました(^o^)

 

一枚目の写真は、国見ヶ丘からの日の出です!雲海を見に行ったのですが、この日は残念ながら少ししか見れなかったです。

 

また、リベンジしたいです!

 

DSC_1860

 

 

 

2019年10月19日

口腔筋機能療法(MFT)とは…

皆様、ご無沙汰しております(>_<)歯科衛生士の池内です。

DSC_1392

ブログの更新が全然出来てなくてすみません(._.)

 

今回は、当院で行っている口腔筋機能療法(MFT)についてお話をさせて頂きます。

 

最近、口腔筋機能療法(MFT)を希望で来院される患者様も増えてきて、担当させて頂いている私としては、徐々に浸透してきていることに、嬉しく感じています。

 

さて、その口腔筋機能療法(MFT)ですが、一体何をするものなのかな?と思われる方もいらっしゃるかと思いますので、簡単に説明をさせて頂きますね。

 

一言で言うと、歯を取り巻くお口の周りの筋肉の機能を鍛える訓練法の事です!

もっと簡単に言うと、お口の筋トレです。

 

なぜ、お口の筋トレが必要なのか?

 

それは、呼吸の仕方や食べ方、話し方これら全て、お口の周りの筋肉の影響を受けているからです。

 

筋肉のバランスが悪いと

その結果、歯並びに影響が出たり、歯の寿命も縮めてしまう事もあります。

 

では、口腔筋機能療法(MFT)をすることで、どんなメリットがあるのでしょうか

 

お子様の場合は、お顔や顎の正しい成長発育を促し、歯並びが悪くなる事を予防する事が出来ます。

 

矯正治療が必要な場合は、矯正治療をスムーズに進める事ができ、矯正治療後も長期間きれいな歯並びを維持することも可能です。

 

大人の場合は、アンチエイジング(小顔効果にも効果的(^o^))にもなりますし、ドライマウスの軽減、ムセの予防にもなります。

 

大人の方の矯正治療にも、口腔筋機能療法(MFT)は効果的です。

 

ちなみに、大人の矯正治療も増えてきています。

DSC_1365

 

 

最近、こんな症状はありませんか?

 

・よく噛めない

 

・飲み込みにくい

 

・食べ方がおかしい(ペチャクチャ音をたてて食べるなど)

 

・発音がおかしい、喋りにくい

 

・いつもお口が開いている

 

・お口が乾燥しやすい

 

・舌が出ていることが多い

 

・よだれが多い

 

これらは、お口の周りの筋肉が弱くなることで起こる主な症状です。

 

今出来る事から始めていきませんか?

 

興味がある方、気になる症状があった方、私も適応かなと思われる方は、是非ご相談下さいね。

 

DSC_1398

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年7月27日

歯列の安定性とMFT

皆様、こんにちは(^o^)歯科衛生士の池内です。

 

遅くなりましたが、先月出席しました口腔筋機能療法学会の報告をさせて頂きます。

 

今回のテーマは「歯列の安定性とMFT」だったのですが、いかに日頃の癖が歯並びに影響を与えるのか…について講演を聞いて来ました。

DSC_1283

口腔筋機能療法(MFT)を取り入れる事により、例えば口呼吸や舌の癖などを改善することで、歯並びがきれいになった後の後戻りが少なくすることが出来ます。

 

時間とお金をかけて歯並びを治しても、悲しい事に、癖が治っていなければ、あっと言う間に後戻りが起こってしまいます。

 

当院では、なるべくその後戻りを少なく(望みは後戻りなくですが…)するためと矯正治療をより効率的に進めていくために、口腔筋機能療法を行っています。

 

実際、当院での矯正治療後の後戻りが本当に少ないなと実感しています。

 

これは、患者様が真面目に口腔筋機能療法に取り組んでいただいてる結果だと思っています。

 

そして、口呼吸や舌の癖は歯並びだけに関係している訳ではないんですよ。

 

誤嚥性肺炎や摂食嚥下障害といって飲み込みがうまく出来ない…やムセにも関係しているんです。

 

身体の筋肉も鍛えないと、寝たきりになりますよ!と最近よく聞きますが、実は舌をはじめ、唇・頬っぺたなど全て筋肉で出来ているんです。

 

ですので、これらも鍛えてあげないといけないんです。

 

もし、飲み込みがうまく出来なくなった方やムセで悩まれている方は相談して下さいね。

 

そして発音の悩みがある方も、お口の周りの筋肉が関係していることも…

 

矯正治療の歯列の安定性もそうですが、今現在の状態を安定させるにもMFTは効率的であると感じています。

 

現状を維持させるのは簡単なようで難しいですが、今出来る事があればやってみるのもいいのではないでしょうか。

 

悩みを抱えず相談してみたら、いい方法見つかるかもしれませんよ。

 

先日、院長と共に講演をさせて頂きました。

 

1541770852027

 

 

 

 

 

2018年11月11日

平成30年度 8020達成者表彰式

院長の吉田です。

 

IMG_20181020_140317

 

平成30年10月20日土曜日に城東区民センターにて城東区医師会、歯科医師会、薬剤師会主催の健康まつりと8020達成者の表彰式が行われました。

 

8020達成者というのは、日本歯科医師会と厚生労働省が推進しております8020運動達成者の事で80歳で20本以上の歯をお持ちの方と言うことになります。

 

歯を20本お持ちですと、何とか入れ歯なしでも噛む事は出来ますので、そのような目標が立てられたようです。(歯が抜けてなければ親知らずは含まないで通常28本)

 

入れ歯なしでも最低限の食べ物を噛めるというのは、老後を健やかに過ごす上で非常に大事なんです!介護を受けるようになったら尚更なんです!

 

今回、当院の患者様で8020を達成された方がいらっしゃいましたので、写真を掲載させていただきます。

 

8020は歯を大切に日頃からケアしないと達成出来ません。その為には、もちろんご自身での歯磨きも大事ですが、

 

 

気軽に相談に乗ってくれたり、指導をしてくれる 「かかりつけ歯科医」を持ち、定期的に歯の健診を受け、歯を失う原因となるむし歯や歯周病を早期に発見し、早期に治療を受けるように心がけましょう。
(日本歯科医師会HPから)

 

 

今回、8020を達成された当院の患者様も定期的にケアさせていだだいており、歯を非常に大事にされております。本当におめでとうございました!

 

IMG_20181020_140601

 

 

2018年10月21日

1 2 3 4
ページトップへ