スタッフブログ

スタッフブログ

舌側矯正歯科学会

皆様、こんにちは(^o^)歯科衛生士の池内です。

 

今回は、舌側矯正歯科学会に行って来ましたので、そのご報告をさせて頂きます。

 

舌側(ぜっそく)矯正って皆さんご存知ですか?

 

分かりやすく言うと歯の裏側にブラケット(ボタン)やワイヤーをつけて歯を動かす矯正方法です。

 

当院でも舌側矯正をやっておりますが、出来る歯並びと出来ない歯並びがありますので、もしご興味がありましたら一度ご相談下さい。

 

今回の学会のテーマは、「症例を極める~開咬の治療について~」です。

DSC_0776

 

 

 

 

開咬とは、歯と歯を噛み合わせた時に上の歯と下の歯が全く噛み合わない状態の事を言いますφ(..)

 

開咬の治療はとても難しいのですが、MFT(口腔筋機能療法)のみで改善された症例、矯正治療にMFTを取り入れた症例を見ながら講演を聞いてきました。

 

開咬の原因は、いくつかあるのですが、舌の位置が良くない、口呼吸をしている、アデノイドなどがあります。

 

食べ物を食べる、お話する、呼吸する、食べ物や飲み物を飲み込む時に、必ず使う舌やお口の周りの筋肉。これが正しく機能していないと、歯並びや姿勢に関係してくるのです。

 

ひいては、歯並びだけに留まらず、歯垢が付きやすくなり、虫歯は歯周病にも影響を与えるとも言われています。

 

何事にも、それに至った経緯があるはずです。それを、一緒に見つけ出し治していきませんか?

 

矯正治療にMFTを取り入れるメリットとして、矯正治療をスムーズに進める事ができる、矯正治療後の長期的な安定、スマイルの維持、姿勢の改善などがあります。

 

歯は一生ものです。一歩踏み出す事で、未来をも変わるかもしれないですよ。

 

_20171123_172533

 

 

 

 

2017年11月23日

MFT学会報告の続きです(^.^)

こんにちは!歯科衛生士の池内です。

 

DSC_0639

 

 

 

前回のMFT学会の報告の続きで、誤嚥性肺炎についてお話をされて頂きたいと思います。

 

誤嚥性肺炎に関しては、以前(2017年8月20日)お話をされて頂きましたが、今回はMFT(口腔筋機能療法)の観点からお話をしたいと思います。

 

誤嚥をする原因の1つとして、お口の中(頬・舌など)の筋力の低下があります。

 

例えば、皆さん、ある日食事をしていて急にムセたりすることはありませんか?

頬や唇と歯の間にものが詰まり易くなったりしていませんか?

食事中、よだれが出てくる事はありませんか?

食べこぼしはありませんか?

 

これらは、お口の中の筋力の低下が原因として考えられます。

 

もちろん、他の原因もあり得るので、一概には言えませんので、長引く場合はお医者さんに相談して下さいね。

 

 

誤嚥性肺炎の予防には、舌の筋力を鍛えることが効果的だと言うデータがあります。

最近は、ご高齢の方に限らず、お子様の舌の筋力の低下も問題視されるようになってきました。

お子様の舌の筋力が弱るとどうなると思いますか?

 

虫歯になりやすくなりますし、歯並びにも影響が出てきます。

 

舌の筋力を鍛える方法の1つとして、口腔筋機能療法(MFT)があります。

 

口腔筋機能療法(MFT)は幅広い年代の方に是非取り入れて頂きたい訓練です。

 

健康でいるには、おいしく食べ、楽しくお話をし、たくさん笑う事ではないでしょうか。これら全てお口が関係していますよね。

 

お口の健康を保つことが、全身の健康に繋がります。

 

将来に備えて、今できる事から始めていきませんか?

 

今を大切にしていきたいですね(^o^)

 

 

 

DSC_0638

 

 

写真は龍安寺です。

 

2017年11月19日

早めのケアが大切です。

こんにちは(^.^)歯科衛生士の池内です。

毎日暑い日が続いていますが、皆様体調崩されていませんか?

_20170820_113222

 

 

 

今回は、最近テレビでよく耳にするようになった【誤嚥性(ごえんせい)肺炎】についてお話させて頂きます。

誤嚥(ごえん)性肺炎と聞いて、どのような症状を思い浮かべますか?

 

誤嚥(ごえん)と言うだけあって、ムセて苦しくなりそうなイメージありませんか?

実は、ムセもせず、咳もでない事もあるんですよ。

そして、意外にも寝ている間も誤嚥(ごえん)が起こることもあります。

寝ている間に、唾液や胃酸などが逆流して微量に気管に垂れ込む事があるのですが、この時はムセなどの自覚症状は起こらないのです。

 

ですので、気付かずに肺炎を起こしていることもあるようです。

 

人間には、誤嚥(ごえん)を防ぐ為の防御反応として、「嚥下(えんげ)反射《ゴクン》」と「咳反射《ゴホン》」の2つの反射反応があり、睡眠時もこれらの反射が起こっているのですが、これらの機能が低下していると寝ている間の誤嚥(ごえん)が起こるのです。

ですので、この機能を鍛えることが予防になってきます。

 

残念ながら、年齢と共にこれらの機能が多少なりとも低下していくので、早い内から鍛える事が大切なってきます。

 

そして、誤嚥性(ごえん)肺炎で重要なのは、お口の中を清潔に保つ事です。

繁殖した細菌が気管へ入り込むことにより、誤嚥(ごえん)性肺炎が起こりますので、原因となる歯垢·歯石を定期的に歯科医院で除去する、もし通院が難しい全身状態であれば専門家にお願いするか、専門家に清掃方法を教えてもらってケアをしてあげるのもいいと思います。

 

お口から食事をとることが、お口の良好な環境を整えることに繋がりますし、先程お話させて頂いた反射反応機能を鍛えることに繋がります。

それは、お口から食べることによって、唾液の出がよくなり、摩擦·洗浄という洗浄効果や唾液の抗菌効果などが期待できるからです。そして、ある程度の固形物であれば飲み込む時に、喉の筋力も使います。

 

もし、お口からの食べ物の摂取が難しく点滴等により栄養を摂っていらしゃる方は、今まで以上にお口のケアをしっかりしましょう。

 

また、免疫力の低下によっても誤嚥(ごえん)性肺炎が起こります。

免疫力の低下とは、加齢によるものやインフルエンザ·糖尿病、ストレスなどがあります。

 

これらの予防には、早めのお口のケアが大切です。

まだ大丈夫と安心せず、大病する前に定期的に歯科医院でメインテナンスをしていきませんか?

 

反射反応機能を鍛えるのは、当院で行っているMFT(口腔筋機能療法)と関連のトレーニングがありますので、最近少しムセやすくなったな…喉の筋力が低下したのか歯科治療を受けるのがしんどくなってきたな…と感じられていらしゃる方は是非ご相談下さい。

 

DSC_0406

 

 

 

 

 

 

2017年8月20日

久々登場荒木です(^O^)

こんにちは。
荒木です。

入社から4ヶ月が経ちました。
大まかな助手業務には慣れたかな、というところで、次は”丁寧に早く”を意識しようと思っております。

 

 

さて、皆様、ご自身の体の中で歯の優先順位は何番目でしょうか?
普段から歯への美意識が高い方には、1番に決まってるでしょ!と思われるかもしれませんね。

 

 

以前、私は歯に無関心だった為、もちろん歯磨きはほどほどに適当に、また、老後の歯の事など考えたこともありませんでした。
しかし、入社以来、沢山の患者様とお会いさせていただき、無意識のうちに自分の歯への関心が高まっていることに気づきました。

 

痛くて痛くて仕方なく来院された方や、虫歯が大きく抜歯になってしまった方等。
ちょっとした痛みはお好きな方も稀にいらっしゃるとききますが、
殆どの方が歯に不調を訴えて来院されます。

 

 

歯への感心が高い方や、もう虫歯は嫌だっ(T_T)と言う事で定期的に検診を兼ねてクリーニングにいらして下さる患者様が多い事にも歯科医院で勤務して素晴らしいことだなと感じています。

 

 

治療中、アシスタントをしていて患者様と色々お話をさせていただく機会があります。「昨日痛くてたまらんかったわ~」等と、歯のお話になることももちろんあり、ご年配の方には「歯は大事にしなあかんよ~!」と言われることがあります。

 

 

虫歯の原因としては、遺伝(歯の質)、細菌の種類や数、食事や間食の時間を含めた取り方、糖質の摂取量などがある様です。
遺伝はどうしようもありませんが、元々の歯の質が弱いからと諦めないで下さい。

 

歯科医院でご自身に合った歯ブラシを選んでもらい、歯磨き指導を受けることや、食生活指導を受けたり…。また、歯磨きで取り切れない歯垢や歯石を定期的に歯科医院で取り除く、等、こういった生活習慣の改善により、虫歯のリスクが減ると考えられます。

 

”仕方がなく”のご来院を防ぐ為にも、是非ご一緒に歯を守っていきませんか。

 

患者様に不安なく通院して頂けるように、私もコミュニケーション能力を鍛えて、何でも相談して頂けるようになりたいなと思ってます。

 
少し前ですが、GWは伊勢神宮へ行ってきました!
伊勢うどん、醤油と昆布出汁ですっごく美味しかったです。

1501338052765

 

 

 

 

伊勢海老のお刺身等も頂きました(^o^)

 

 

1501338060650

 

 

 

 

 

 

こちらは最近行ったニフレルのスッポンモドキです(^^)☆

 

1501336440870

 

 

 

 

 

2017年7月29日

唾液はとっても働き者

こんにちは!歯科衛生士の池内です(^O^)

 

DSC_0213

 

 

 

 

 

 

 

本日は、『唾液』についてお話させて頂きます。

いきなりですが、問題ですφ(..)

唾液は、1日にどれくらい分泌されるでしょうか?

①300ミリリットル~500ミリリットル

②1リットル~1.5リットル

③2リットル~2.5リットル

 

 

 

正解は、②です。意外に多いですよね。

この唾液には、さまざま働きがあり、お口や歯をはじめ、からだ全体を守ってくれるとても大事な役割を果たしてくれてるんです。

 

では、具体的にどのような働きがあるのか…ですが、

歯茎や舌などの粘膜を保護して傷つかないようにする「潤滑作用」

食物に含まれるデンプンを糖に変える「消化作用」ご飯をよく噛むと甘く感じるのはこの作用です。

そして、細菌からお口を守ってくれる「抗菌作用」

 

食べかすを洗い流してお口に残るのを防ぐ「洗浄作用」

歯が溶けるのを防ぐ「緩衝作用」

傷を治す「粘膜修復作用」

虫歯や歯周病から歯を守る「歯の粘膜保護作用」

など、唾液にはこんなにたくさんの役割があるんです。とっても働き者ですよね。

ですが、この唾液が減ってしまうと、虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまうのです。

次回は、唾液が減ることによって起こる口腔乾燥について、口腔乾燥のサインも交えてお話ささせて頂きたいと思います。

 

 

 

歯科医院の窓から見えるサクラの蕾が少しずつ色づき始めました♪

 

春の訪れ楽しみですね(^o^)

 

 

 

DSC_0212

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年3月12日

虫歯予防には食生活の改善が大事!!

歯科衛生士の池内です。

 

皆様、1か月もブログ更新出来てなくてすみません(((^_^;)

虫歯って本当に嫌ですよね。きちんと歯磨きしてるのに何でこんなに虫歯になるの?と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

ただ、悲しい事に、元々虫歯になりやすいタイプの方がいらっしゃるのは事実です。

だからと言って諦めないで下さい。より予防に力を入れる事によってリスクを下げる事が出来ます。

と言う訳で、今回は予防においてとても大切な「食事」についてお話させて頂こうと思います。

歯磨きでお口の中の細菌を取り除く事も大切ですが、細菌をゼロにする事は残念ながら出来ないのです。そこで、残った細菌にエサを与えないように、規則正しい食生活を心がける事が重要なわけです。

食生活から虫歯のリスクを改善するポイントは、「砂糖の量」「飲食回数」「時間」「何を食べているか」の4つです。

そこで、要注意な「発酵性炭水化物」に着目してお話しますね。

虫歯の原因は「砂糖」と言うイメージが強いと思うのですが、細菌が歯を溶かす酸を作り出す原料が「発酵性炭水化物」なのです。

ですので、砂糖でなくても炭水化物が含まれる食事を摂れば、酸が作り出されると思ってよいでしょう。

「発酵性炭水化物」って、じゃあ一体どんなものがあるのか…ですが、調理デンプン(クッキー、わらび餅、菓子パンなど)・果糖・乳糖(牛乳、ヨーグルトなど)が当てはまります。

DSC_0354

 

 

 

 

意外に大丈夫と思って口にしていたものが含まれていましたか?

歯磨き指導の時に、食事についてお尋ねする事があるかと思いますが、食の楽しみを極力諦めないですむように、一緒に考えていきたいと思っていますので、嫌がらずに教えて下さいね。お願いします(*^o^)/\(^-^*)

写真は、石上神宮です♪

_20170103_171046

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年2月5日

思い当たる事ありませんか?(乳児編)part2

こんにちは(^O^)歯科衛生士の池内です☆

本日は、前回(2016年9月4日)のブログの続きで、「お口の中に溜めたままなかなか飲み込まない」原因には、どのような事が考えられるか・・・についてお話させて頂きたいと思います。

一番多いのは「食べる意欲はありそうなのに、お口の中に溜めたまま飲み込まない」のは、どうしてか?という悩みではないでしょうか?

このような場合は、食べ物の形や固さがまだお口の機能の発達段階に合っていないのかもしれません。

前歯のはえかわりでグラグラしていたり、歯が抜けてまだ永久歯(大人の歯)がはえていない事はありませんか?

一度チェックしてみて下さいφ(..)

もし、このような状況で、お口の機能に合っていない固い食べ物ばかり食べさせていると、お口に溜めたままになってしまうか、無理に丸のみする癖がついてしまうので、要注意ですよ。

では、次に、食べる意欲がない場合はどのような事が考えられるでしょうか。

このような場合は、外遊びや適度な運動はしていますか?間食(おやつ)やジュースで満腹になっていませんか?

もし、これらが当てはまる場合は、つねに満腹で食べる意欲がなくなってしまっている可能性が高いです。

よって、食べなくてはいけない状況になった時に、結果的に「覚えてに溜めたまま飲み込まない」ということに繋がってしまっているのかもしれません。

自然に空腹感を味わえるような生活リズムを作ってあげる事が問題解決に一歩近づくかもしれませんね。

 

 

先日、院長からこんなものを頂きました。80歳になっても自分の歯を20本以上歯を保てるようにという思いを込めて名前がつけられたそうです(^-^)

_20160919_205904ごちそうさまでした♪

 

2016年9月19日

思い当たる事ありませんか?(乳児編)

こんにちは(^O^)歯科衛生士の池内です♪

今回は、食事中のお悩みでよくある事について、お話させて頂こうと思います。

食事中に、お子様が「よく噛まない」「丸のみする」「お口に溜めたままなかなか飲み込まない」ことはありませんか?

全てそれぞれに理由があります。

是非一緒にチェックしてみて下さい。

「よく噛まない」「丸のみする」お悩みをかかえていらっしゃる方は、まず、お子様のお口の中をよく観察してみて下さい。

乳歯(子供の歯)は、全部で上10本、下10本の合わせて20本ですが、全ての乳歯ははえ揃っていますか?

もしかしたら、お子様の中には、元々歯の本数が少ない方もいらっしゃるかもしれませんが、重要なのは、奥の大きい歯(臼歯きゅうしと言います)が、上下左右2本ずつはえ揃っているかどうかです。

食べ物を噛んで食べるには、この臼歯のかみ合わせがポイントとなります。

臼歯が、それぞれ1本ずつでも「何でも大人と同じように食事をしています」とおっしゃるお母様もいらっしゃるのですが、個人差はありますが、実はこの歯だけでは、噛む力はそれほど強くないのです。

ですから、繊維の多いお肉や野菜、かまぼこなどの練り製品は、しっかり噛みきれずにお口の中に残ってしまう場合があります。

よって、丸のみやお口の中から出してしまうといった行動につながりやすくなります。

では、臼歯がはえ揃っているのに、丸のみをしてしまう場合は…

 

この場合は、環境に原因がある事も多いようです。

例えば、「急いで食べなさい」など急かされたり、あるいは、兄弟や姉妹と争うように食べたりしたり、早食いせざる得ないような環境にありませんか?

もし、当てはまる方がいらっしゃいましたら、窒息事故につながる恐れもありますので、この場合は、心身ともにリラックスできる食事環境を整えてあげる事が大切かもしれません。

また、食べるのが早かったり、噛む回数が少ないことは、肥満の原因にも繋がりやすいので、注意が必要ですよ。

では、最後のチェックです。

前歯を使ってしっかりお子様のお口に合った一口大の量でかじりとりが出来ていますか?

 

奥歯ではすりつぶし、前歯ではかじりとりとそれぞれの役割があります。前歯を使わず、奥歯にポーンと入れてしまうと誤嚥(ごえん)にも繋がりやすくなりますので、まず前歯でかじりとり、そして奥歯で細かくすりつぶす。をマスターしていきましょう。

次回は、「お口に溜めたままなかなか飲み込まない」についてお話させて頂きますね。

 

先日、阿波おどりを見に行ってきました(^-^)

初めて行ったのですが、目の前で見ると凄い迫力で感動的でした☆

 

DSC_0332

 

 

DSC_0305

 

 

 

2016年9月4日

酸蝕歯(さんしょくし)って?

DSC_0240こんにちは(^O^)歯科衛生士の池内です♪

皆さん、酸蝕歯(さんしょくし)って聞いた事ありますか?

実は、日本人の約4人に1人がなっていると言われている酸蝕歯。

ですが、虫歯や歯周病ほど知られていない酸蝕歯について本日はお話させて頂きたいと思います。

 

まず、虫歯とは何が違うのでしょうか?

虫歯は、虫歯菌(例えばミュータンス菌など)が出す酸で歯が溶ける事によって起こるのですが、酸蝕歯は、食べ物や飲み物に含まれる酸で歯が溶ける事により起こります。

ですので、虫歯のないきれいなお口の中でも、歯が溶けてしまうので注意が必要なんです。

 

では、どのような食べ物や飲み物があるかと言うと…

コーラやオレンジジュースなどのソフトドリンクや黒酢やリンゴ酢などのお酢系の飲料、スポーツドリンク・栄養ドリンク・柑橘系の果物や酢の物などが挙げられます。

このような飲食物を毎日習慣的にちびちび飲んだり食べたりしていると酸が歯に触れる時間が長くなって酸蝕歯になる可能性が高くなってしまいます。

 

でも、好きなものをやめるのは辛いですよね。

ストレスが原因で虫歯に…なんて事になっても困ります。

そういった場合は、食べ方や飲み方を変えてみましょう。もちろん、量は減らして頂きたいですけどね。

当院でも、アドバイスしておりますので、気になる方は聞いて下さいね。

 

2016年6月26日

実は飲みすぎると恐い(>_<)

_20160224_235819こんにちは!歯科衛生士の池内です。

暖かくなり、水分補給の為に、飲料水を手にとる回数が増えてきているのではないでしょうか。

その飲料水が虫歯の原因になりうる事をご存知です?

実は、冷えた飲料水は甘さを感じにくいんですよ。

こんな経験ありませんか?例えば、コーヒー。お砂糖を入れて飲まれる方は、温かいものよりもアイスコーヒーの方がお砂糖をたくさん入れていませんか?

それは、甘味は、体温に近くなればなるほど強く感じると言う事が関係しているからです。

ぬるくなった清涼飲料水よりも冷えた状態の方がおいしく感じますよね。

冷えた状態でおいしき感じる甘さで作られているそうなんですが、清涼飲料水には、香料や酸味料も添加されているので、より一層甘さが感じにくいんです。

炭酸飲料は、虫歯になりそうという観点から控えた方がいいのかなと思われる方も多いと思いますが、「健康」とつくスポーツ飲料や乳酸菌飲料となると「健康のために」と大量に摂取してしまっている事はありませんか?

では、1日に摂取してよいとされる糖分は何グラムだと思いますか?

小学生で、20グラム、成人で25グラムまでとされています。

それでは、ここからは、飲料水別に500ミリリットル中に角砂糖が何個分含まれているか見ていきましょう。

ちなみに、角砂糖1個は、約4グラムです。

①炭酸飲料水は、お砂糖65グラムで、角砂糖約16個

②清涼飲料水は、お砂糖58グラムで、角砂糖約14個

③栄養ドリンクは、お砂糖52グラムで、角砂糖13個

④乳酸菌飲料は、お砂糖50グラム以上で、角砂糖約12個以上

⑤スポーツ飲料は、お砂糖30グラムで、角砂糖約8個

⑥100%リンゴジュースは、お砂糖3グラムで、角砂糖約8個です。

意外にお砂糖まみれなんですよ

カロリーオフやカロリーゼロのものも増えてきていますが、あれは、糖分を使っていないと言う事ではないので、要注意ですよ。

水分補給は必要ですので、お水を中心にするのが良さそうですね。

そして、定期検診を受ける事もおすすめします(^O^)

 

2016年5月8日

1 2