スタッフブログ|大阪市城東区今福東で歯科・歯医者をお探しの方はよしだ歯科まで

時間 日祝
9:30~12:30
15:00~19:00

△:15:00~16:30
休診日:木曜・日曜・祝日

〒536-0002
大阪市城東区今福東2-7-15 第2泰平ビル2F

  • 地図

妊娠が分かったら

こんにちは(^O^)歯科衛生士の池内です。

今回は、妊娠したらお口の中でどのような変化が起こるのかについて、お話させて頂きたいと思います。

まず、唾液の量に変化が起こります。

妊婦さんによっては、唾液の量が減ってお口の中がネバネバすると感じられる方もいらっしゃる一方で唾液の量が多すぎて気持ち悪くなる方もいらっしゃいます。

妊娠初期には、「つわり」が起こる方が多く、吐き気をともなう「つわり」や、食べ物の好みの変化により、歯の表面が弱くなり、虫歯ができやすかったり、虫歯が進行しやすくなります。

また、女性ホルモンの増加により、歯ぐきが腫れやすくなり、歯磨きする時に出血しやすくなったりと歯ぐきにも問題が出てきます。

歯周病にかかってる妊婦さんとかかっていない妊婦さんとでは、早産や低体重児出産のリスクが5~7倍になるとも言われています。妊娠中の歯周病は、赤ちゃんにも影響を与えますので、この時期のお口のケアは重要なのです。

歯周病の治療をしっかりする事で、炎症を最小限に抑える事ができます。

 

ちなみに、赤ちゃんの歯はいつ頃からできると思いますか?

実はとても早く、妊娠7週目頃からつくられはじめるんですよ。

でも、妊娠中「つわり」がひどいと歯磨きどころではないですよね。

「つわり」がひどい時は、気分がよい時にササッとすませたり、食後すぐに水で強めにブクブクしたり、キシリトールガムやタブレットを利用して、この時期を乗り切りましょう。

 

歯ブラシは、小児用のヘッドの小さいものなど、なるべく小さめのものを選ぶ事をおすすめします。

自分でできない時は、歯科医院でクリーニングをするだけでも、お口の中を清潔に保つことが出来ますので、できることから一緒に始めていきましょう。

 

 

2016年2月11日

ページトップへ