スタッフブログ|大阪市城東区今福東で歯科・歯医者をお探しの方はよしだ歯科まで

時間 日祝
9:30~12:30
15:00~19:00

△:15:00~16:30
休診日:木曜・日曜・祝日

〒536-0002
大阪市城東区今福東2-7-15 第2泰平ビル2F

  • 地図

赤ちゃんはいつからむし歯菌に感染するの?

皆様、こんにちは(^O^)

歯科衛生士の池内です♪

前回妊娠中のお口の中のお話をさせて頂いたので、今回は、関連付けて産まれてくる赤ちゃんのお口の中についてのお話をさせて頂こうと思います。

ところで、皆様、生まれたばかりの赤ちゃんにはむし歯菌(ミュータンス菌)は存在しないってご存じですか?

では、いつ頃からむし歯菌に感染するのでしょうか?

実は、奥歯が生える1歳6か月頃に周りの大人の唾液を介して感染すると言われています。そして、1歳6か月頃から奥歯が生えそろう2歳7か月頃までがいちばん感染しやすい時期とも言われています。

日本人の大人の約9割にミュータンス菌がいると言われていますので、周囲の家族や大人が自身のミュータンス菌を減らして、赤ちゃんに移さないようにする事が大切なんですよ。

1歳6か月頃になると、糖分を摂る機会も増えてくると思いますが、なるべく、お菓子やジュース、乳酸菌飲料は控えるようにしましょう。

そして、赤ちゃんをむし歯にさせないために、大人が出来る事は…

①きちんと歯磨きをしましょう。

 

②積極的にキシリトールを摂取しましょう。

※出来たら、歯科医院専売のキシリトール100%のものがおすすめです。

当院で、販売しているのは、甘味料としてキシリトール100%なので、安心ですよ。

 

キシリトールに関しては後日詳しくお話させて頂きますね。

③歯科医院で定期的にクリーニングを受けましょう。

ミュータンス菌に感染する年齢が低い程、むし歯のリスクが高くなりますので、赤ちゃんが将来むし歯で苦しまないよう、周りの家族や大人もケアしていく事が重要になります。

出来る事から実践していきましょう。

 

2016年2月14日

ページトップへ