スタッフブログ

スタッフブログ

酸蝕歯(さんしょくし)って?

DSC_0240こんにちは(^O^)歯科衛生士の池内です♪

皆さん、酸蝕歯(さんしょくし)って聞いた事ありますか?

実は、日本人の約4人に1人がなっていると言われている酸蝕歯。

ですが、虫歯や歯周病ほど知られていない酸蝕歯について本日はお話させて頂きたいと思います。

 

まず、虫歯とは何が違うのでしょうか?

虫歯は、虫歯菌(例えばミュータンス菌など)が出す酸で歯が溶ける事によって起こるのですが、酸蝕歯は、食べ物や飲み物に含まれる酸で歯が溶ける事により起こります。

ですので、虫歯のないきれいなお口の中でも、歯が溶けてしまうので注意が必要なんです。

 

では、どのような食べ物や飲み物があるかと言うと…

コーラやオレンジジュースなどのソフトドリンクや黒酢やリンゴ酢などのお酢系の飲料、スポーツドリンク・栄養ドリンク・柑橘系の果物や酢の物などが挙げられます。

このような飲食物を毎日習慣的にちびちび飲んだり食べたりしていると酸が歯に触れる時間が長くなって酸蝕歯になる可能性が高くなってしまいます。

 

でも、好きなものをやめるのは辛いですよね。

ストレスが原因で虫歯に…なんて事になっても困ります。

そういった場合は、食べ方や飲み方を変えてみましょう。もちろん、量は減らして頂きたいですけどね。

当院でも、アドバイスしておりますので、気になる方は聞いて下さいね。

 

2016年6月26日