スタッフブログ

スタッフブログ

日本国際歯科大会

皆様、こんにちは(^o^)歯科衛生士の池内です。

 

パシフィコ横浜で開催されました第8回日本国際歯科大会に出席して来ましたので、本日はそのご報告をさせて頂きます。

DSC_1279

台風の影響で一時はどうなるかと思っていましたが、うまく避けてくれ、むしろ暑すぎる週末でした。

 

今回は、咬合治療(噛み合わせ)の講演を中心に勉強をして来ました。

 

早期に異変に気付き、重症化する前に処置をしてあげる事の大切さを改めて実感しました。

そして、当院でも取り入れている口腔筋機能療法(MFT)がいかに予防・後戻り防止において重要であるかも再認識する事が出来ました。

 

噛み合わせって本当にその人の一生を左右すると言っても過言ではないかもしれません。

 

何故か…

 

それは、歯の寿命を縮めてしまう他、全身にも影響を与えてしまうからです。

 

怖いですよね。

 

まさに、たかが歯、されど歯ですよね(>_<)

 

では、歯並びってどうやって決まるのでしょうか?

 

原因は色々考えられるのですが、

元々顎が小さく歯が並ぶスペースがない…

歯が予想外のところから生えてきてしまった…

歯の生え変わりがうまくいっていない(早く抜けすぎる又はなかなか歯が抜けない)等々

 

これらは、矯正治療によって改善することができますが、

 

しかし、最も大事なことは、そこに、歯並びに影響を与える癖がないかどうかです。

 

お口ポカンと開いていませんか?

 

寝る時の体勢はどうですか?

 

指しゃぶりはないですか?

 

食事の仕方はどうですか?

 

他にもたくさんありますが、これらは全て歯並びに影響を与える癖です。

 

ですので、矯正治療によって歯並びを改善したとしても、これらの癖が残っていれば、結局また歯並びが悪くなってしまうんです。

 

 

そこで、今注目されているのが、当院でも取り入れています口腔筋機能療法(MFT)です。

 

気になる方は、また話聞いて下さいね(^o^)/

DSC_1275

口腔筋機能学会に10月10日、11日と出席しますので、またご報告させて頂きますね。

 

 

2018年10月8日