スタッフブログ

スタッフブログ

虫歯予防には食生活の改善が大事!!

歯科衛生士の池内です。

 

皆様、1か月もブログ更新出来てなくてすみません(((^_^;)

虫歯って本当に嫌ですよね。きちんと歯磨きしてるのに何でこんなに虫歯になるの?と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

ただ、悲しい事に、元々虫歯になりやすいタイプの方がいらっしゃるのは事実です。

だからと言って諦めないで下さい。より予防に力を入れる事によってリスクを下げる事が出来ます。

と言う訳で、今回は予防においてとても大切な「食事」についてお話させて頂こうと思います。

歯磨きでお口の中の細菌を取り除く事も大切ですが、細菌をゼロにする事は残念ながら出来ないのです。そこで、残った細菌にエサを与えないように、規則正しい食生活を心がける事が重要なわけです。

食生活から虫歯のリスクを改善するポイントは、「砂糖の量」「飲食回数」「時間」「何を食べているか」の4つです。

そこで、要注意な「発酵性炭水化物」に着目してお話しますね。

虫歯の原因は「砂糖」と言うイメージが強いと思うのですが、細菌が歯を溶かす酸を作り出す原料が「発酵性炭水化物」なのです。

ですので、砂糖でなくても炭水化物が含まれる食事を摂れば、酸が作り出されると思ってよいでしょう。

「発酵性炭水化物」って、じゃあ一体どんなものがあるのか…ですが、調理デンプン(クッキー、わらび餅、菓子パンなど)・果糖・乳糖(牛乳、ヨーグルトなど)が当てはまります。

DSC_0354

 

 

 

 

意外に大丈夫と思って口にしていたものが含まれていましたか?

歯磨き指導の時に、食事についてお尋ねする事があるかと思いますが、食の楽しみを極力諦めないですむように、一緒に考えていきたいと思っていますので、嫌がらずに教えて下さいね。お願いします(*^o^)/\(^-^*)

写真は、石上神宮です♪

_20170103_171046

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年2月5日

今年もありがとうございました!

院長の吉田です。

今年もあと1日となってしまいました。年々、一年経つのがどんどん早くなっていくと感じるのは私だけではないでしょうね(笑)

 

さて、今年も頑張って当院に通院してくださった患者の皆様、お疲れ様でした。来年も皆様に良い治療を受けて頂けるようスタッフ一同全力を尽くしてまいりますので、これからもどうぞどうぞよろしくお願いいたします。

 

歯科材料や薬品をいつも迅速に納入して下さる業者の皆さん、ありがとうございました。いつも無理言ってご迷惑をかけっぱなしの歯科技工士さん今年も大変お世話になりました。

 

そして、よしだ歯科のスタッフの皆さん今年もありがとうございました!皆さんの頑張りなくして今のよしだ歯科はなかったと思います。なかなか口では言えませんがすごく感謝しています。これからも一緒に勉強していきましょう。

 

では皆様、来年もどうぞよろしくお願いいたします‼良いお年を(^-^)/

 

(秋に小学生の時以来久しぶりに鳥羽に行って来ました)

dsc_0057

 

 

2016年12月31日

久々の更新です♪

皆様ご無沙汰しております。

久しぶりの更新になりすみません(>_<)歯科衛生士の池内です。

寒くなってきましたが、体調崩されていませんか?

 

今回はこの場を借りて就活中の皆様にメッセージを送りたいと思います。

当院でも、現在、スタッフを募集しておりますので、このブログを読んで共感して頂ければ是非ご連絡下さい(^O^)

 

武田信玄の明言でこんな言葉があります。

「一生懸命だと知恵が出る  中途半端だと愚痴が出る  いい加減だと言い訳が出る」

ついつい、不満ばかり言ってしまいがちですが、一生懸命になれる時って、愚痴や言い訳ではなくどうすると良くなるかなと必死で知恵を振り絞りますよね。

まさに、仕事においても同じ事が言えると思いますし、そんな方と一緒に仕事が出来ればいいなと思います。

患者さまに不安なく歯科医院に通院して頂くには、それぞれの患者さまにとってどうするのが最善か共に考え、その為に学ぶ事って大切だと思っています。

知識や技術の習得は容易ではないですし、それなりの努力も必要ですが、同じ方向を向いて頑張れる環境であればやっていけそうな気がしませんか?

出来ない事を出来るようになった時の達成感ってよくないですか?やらないで諦める、中途半端で諦める、やった気で満足する…そんなのもったいないですよ。

 

何年もの歳月が必要だったとしても、その先にある世界を一緒に見ませんか?

当院は、そんなあなたのやる気をダメにしないですよ。

そして、一人でも多くの患者さまを幸せにしましょう。一人でも多くの患者さまが思いっきり笑顔で会話出来るようにサポートしていきましょう。

 

140204

そんなあなたの、募集を心からお待ちしております(*^o^)/\(^-^*)

2016年12月13日

お鍋でほっこり

こんにちは。歯科助手の堤です。

本格的に寒くなってきましたね。日が暮れるのもだいぶ早くなって冬だなぁとしみじみ思います。

 

最近お休みは三ノ宮に出ることが増え、京都や神戸も遠くない大阪も良いところだなぁと改めて感じました。

 

寒いしお鍋が食べたくなり友達と辛いお鍋と焼き肉がセットのコースを。激辛は苦手ですが辛いものは好きで、身体もポカポカになり満足。

1479123657652

 

 

 

 

冬は特に食欲が出る季節。

食べ過ぎ太りすぎに注意しながらまた美味しいものをいろいろ食べに行きたいです\(^o^)/

 

2016年11月14日

宇治散策♪

こんにちは☆ミ

歯科助手の堤です。

 

 

本格的に寒くなってきてもうすぐ冬だなぁ〜。今年も一年早かったなぁと感じる今日このごろ。

 

先日のお休みの朝、洗濯物を干しているとあまりの空気の澄みと秋晴れの気持ちよさで

「どこか行きたい!」と直感で急遽、京都の宇治に行きました。

1477888553723

宇治上神社を参拝したり、伊右衛門本店で抹茶パフェを食べたり、昼から行動しても十分楽しめました。

1477888549626

なにより私は抹茶が大好物なので、至るところに抹茶があって嬉しかったです!

 

 

茶団子や、抹茶饅頭、抹茶パフェなど抹茶を満喫しました。

 

 

ほぼメインイベントの伊右衛門本店は1時間くらい待ちましたが待った甲斐があってとても美味しかったです(*´ω`*)

 

自然・神社仏閣巡りは落ち着けて結構好きなので、奈良や京都などまた行きたいと思いました。

 

 

 

2016年10月31日

MFT学会

こんにちは!歯科衛生士の池内です。

先日、東京のベルサール九段で行われました日本口腔筋機能療法(MFT)学会に参加してきましたので、ご報告させて頂きたいと思います。

 

dsc_0348

メインテーマの「口腔機能をどう向上させるか」について小児から高齢者まで幅広く、お口の中だけに留まらず脳のしくみも関連付けての講演がありました。

当院でも、主に矯正治療と平行して口腔筋機能療法(MFT)も取り入れているのですが、今回の講演を聴き、小児からご高齢の方まで全ての年齢で必要であると改めて痛感させられました。

そして、離乳期の習慣が、将来の歯並びに影響を与える事も再認識することが出来ました。

身体も筋肉が衰えるとあちこちに弊害が出てきますが、お口の中も同じなんです。

運動の機能が低下すると、お口の中の機能も低下してしまうのです。「体幹」が大事なんです。

頬っぺたや舌・咽頭すべて筋肉で出来ているので、それらを鍛えることによって、誤嚥(ごえん)やムセが防ぐことが出来ます。

また、矯正治療をスムーズに行え、噛み合わせの改善も可能なこともあります。

それらを鍛える訓練が、口腔筋機能療法(MFT)です。

先天的に起こってしまった原因は防ぐ事は出来ませんが、後天的(後から起こってしまった事)な原因で起こった事は、その癖や習慣などを発見し、直していく事に大きな意味があると言われています。

気付いた時が始め時です。

自費治療にはなりますが、当院では、口腔筋機能療法(MFT)のみでの診察も行っていますので、気になる方はご相談下さい。

 

dsc_0351

 

ホームページの「矯正治療」をクリックして頂くと、当院での症例も載せていますので、一緒にチェックして頂ければと思います。

 

この度の学会参加に伴って、臨時休診となり皆様にはご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。

今回の学会内容が今後に生かせるよう日々勉強し、皆様に貢献出来ればと思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年10月23日

ライブに行って来ました♪

こんにちは。

歯科助手の堤です。

 

最近急に寒くなって風邪が流行ってるそうですが皆様ご体調いかがでしょうか。

 

 

よしだ歯科でお仕事をさせていただいて早半年が過ぎました。

 

まだまだ本当に未熟者ですが、

患者様とお話ししてて笑顔を見せていただけると幸せを感じます(*´ω`*)

 

先日お休みにkinkikidsのコンサートに行ってきました。

 

 

 

_20161014_205717

 

 

 

大阪城ホールだったのですが実家から行くよりものすごく近くなったので嬉しかったです。

 

 

初めて大阪ビジネスパークで降りて少し迷子になりましたが実は遠回りしてて帰りはもっと便利に帰れました(笑)

コンサートで生の良い音楽、照明や映像、ダンスなど全てが合わさりその空間だけ異世界にいるような神秘的な雰囲気が大好きです。

 

コンサート中に歌詞を読みながら今までの人生を振り返ったり(笑)

 

 

_20161014_205817

 

 

 

 

 

年をとっても応援していこうと思います。

 

 

 

 

2016年10月14日

お化け屋敷三昧(>_<)

こんにちは(^○^)

歯科助手の堤です。

 

いよいよ10月になり一年で一番好きな秋が来て嬉しいです。

 

私の好きなUSJのハロウィンも先日行ってきました。

 

1475749917743

昨年同様、チャッキーやエルム街の悪夢、ターミネーター貞子バージョンの他、

 

今年からのエクソシストや祟というジャパニーズホラーも一日で回ることが出来て大満足でした!

 

 

今年は8月にも梅田と心斎橋のお化け屋敷に行けて

 

お化け屋敷三昧でした。

 

日常では味わえないスリルと爽快感が癖になります。

 

都合が合えばまた行きたいです。

 

 

 

夏が終わり季節の変わり目は体調を崩しやすいですので、お気をつけ下さい(^_^)

 

 

 

 

 

2016年10月6日

思い当たる事ありませんか?(乳児編)part2

こんにちは(^O^)歯科衛生士の池内です☆

本日は、前回(2016年9月4日)のブログの続きで、「お口の中に溜めたままなかなか飲み込まない」原因には、どのような事が考えられるか・・・についてお話させて頂きたいと思います。

一番多いのは「食べる意欲はありそうなのに、お口の中に溜めたまま飲み込まない」のは、どうしてか?という悩みではないでしょうか?

このような場合は、食べ物の形や固さがまだお口の機能の発達段階に合っていないのかもしれません。

前歯のはえかわりでグラグラしていたり、歯が抜けてまだ永久歯(大人の歯)がはえていない事はありませんか?

一度チェックしてみて下さいφ(..)

もし、このような状況で、お口の機能に合っていない固い食べ物ばかり食べさせていると、お口に溜めたままになってしまうか、無理に丸のみする癖がついてしまうので、要注意ですよ。

では、次に、食べる意欲がない場合はどのような事が考えられるでしょうか。

このような場合は、外遊びや適度な運動はしていますか?間食(おやつ)やジュースで満腹になっていませんか?

もし、これらが当てはまる場合は、つねに満腹で食べる意欲がなくなってしまっている可能性が高いです。

よって、食べなくてはいけない状況になった時に、結果的に「覚えてに溜めたまま飲み込まない」ということに繋がってしまっているのかもしれません。

自然に空腹感を味わえるような生活リズムを作ってあげる事が問題解決に一歩近づくかもしれませんね。

 

 

先日、院長からこんなものを頂きました。80歳になっても自分の歯を20本以上歯を保てるようにという思いを込めて名前がつけられたそうです(^-^)

_20160919_205904ごちそうさまでした♪

 

2016年9月19日

思い当たる事ありませんか?(乳児編)

こんにちは(^O^)歯科衛生士の池内です♪

今回は、食事中のお悩みでよくある事について、お話させて頂こうと思います。

食事中に、お子様が「よく噛まない」「丸のみする」「お口に溜めたままなかなか飲み込まない」ことはありませんか?

全てそれぞれに理由があります。

是非一緒にチェックしてみて下さい。

「よく噛まない」「丸のみする」お悩みをかかえていらっしゃる方は、まず、お子様のお口の中をよく観察してみて下さい。

乳歯(子供の歯)は、全部で上10本、下10本の合わせて20本ですが、全ての乳歯ははえ揃っていますか?

もしかしたら、お子様の中には、元々歯の本数が少ない方もいらっしゃるかもしれませんが、重要なのは、奥の大きい歯(臼歯きゅうしと言います)が、上下左右2本ずつはえ揃っているかどうかです。

食べ物を噛んで食べるには、この臼歯のかみ合わせがポイントとなります。

臼歯が、それぞれ1本ずつでも「何でも大人と同じように食事をしています」とおっしゃるお母様もいらっしゃるのですが、個人差はありますが、実はこの歯だけでは、噛む力はそれほど強くないのです。

ですから、繊維の多いお肉や野菜、かまぼこなどの練り製品は、しっかり噛みきれずにお口の中に残ってしまう場合があります。

よって、丸のみやお口の中から出してしまうといった行動につながりやすくなります。

では、臼歯がはえ揃っているのに、丸のみをしてしまう場合は…

 

この場合は、環境に原因がある事も多いようです。

例えば、「急いで食べなさい」など急かされたり、あるいは、兄弟や姉妹と争うように食べたりしたり、早食いせざる得ないような環境にありませんか?

もし、当てはまる方がいらっしゃいましたら、窒息事故につながる恐れもありますので、この場合は、心身ともにリラックスできる食事環境を整えてあげる事が大切かもしれません。

また、食べるのが早かったり、噛む回数が少ないことは、肥満の原因にも繋がりやすいので、注意が必要ですよ。

では、最後のチェックです。

前歯を使ってしっかりお子様のお口に合った一口大の量でかじりとりが出来ていますか?

 

奥歯ではすりつぶし、前歯ではかじりとりとそれぞれの役割があります。前歯を使わず、奥歯にポーンと入れてしまうと誤嚥(ごえん)にも繋がりやすくなりますので、まず前歯でかじりとり、そして奥歯で細かくすりつぶす。をマスターしていきましょう。

次回は、「お口に溜めたままなかなか飲み込まない」についてお話させて頂きますね。

 

先日、阿波おどりを見に行ってきました(^-^)

初めて行ったのですが、目の前で見ると凄い迫力で感動的でした☆

 

DSC_0332

 

 

DSC_0305

 

 

 

2016年9月4日

1 2 3 4 5 6 7 8 12