スタッフブログ

スタッフブログ

またまた

皆様またまた久しぶりの更新になりすみません(((^_^;)

歯科衛生士の池内です。

早いもので、明日から2月ですね。年々日が経つのが早く感じるようになったのは、年齢のせいでしょうか(>_<)

今年は、定期検診の必要性をたくさんの患者さまに分かって頂けるよう、日々色んな事を学び情報を提供できるよう心がけていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願い致します。

歯列矯正においては、見た目だけの問題だけではなく将来的な事を見据えて重要である事を一人でも多くの方に分かって頂けるようになればと思っています。

分かりにくい事などあれば遠慮せず言って下さいね。

では、また更新します。

次回は、近い内に(^o^)/

2016年1月31日

今年も終わろうとしています

院長の吉田です。

少しずつ寒くなっておりますが体調は崩されてないでしょうか?私は結局今年風邪一つひく事ありませんでした!

丈夫な体に育ててくれた両親に感謝しますm(__)m

しかし、夏ごろフットサルをしている時にふくらはぎの筋肉を断裂してしまい、救急病院を受診しました。

その時、待合室で不安で仕方なかったです。

歯科を受診される患者さんも同じなんですよね!

当院でも不安感一杯の患者さんに対して配慮のない応対をしているかもしれない、と気付かされた瞬間でもありました。

来年もこれまで以上に出来るだけ不安感少なく治療を受けて頂けるようスタッフ一同研鑽を積んでいく所存であります。

0000999997_てすと さん_Camera_20151111140556これからもどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

2015年12月13日

歯周病って、どう治していくの?

歯科衛生士の池内です。

前回(2015年9月24日)、歯周病についてお話させて頂きましたが、今回はどのように歯周病を治療していくのかをお話させて頂きますね。DSC_0176

まずは、前回の復習からです。

さて、問題です。ちょっと難しいかもしれませんが、歯周病の炎症の原因は何でしょうか?

原因となるものは、いくつかありますが、直接的な原因は、プラーク(歯垢)でしたね。

そのプラーク(歯垢)や歯石は、目に見える部分だけでなく、歯周ポケット(歯と歯茎の溝)の奥深くにも付着しています。

歯肉の上の部分のプラーク(歯垢)はご自身でのブラッシングで取れても、歯周病ポケットの奥深くや歯石はご自身では取れないのです。

炎症となるプラーク(歯垢)が付着したままだと、どれだけブラッシングを頑張っても歯周病は治らないだけでなく、進行する恐れもあります。

残念ながら、自然治癒はないんです(´ω`)

歯石はゴツゴツしてるので、そこにプラーク(歯垢)が更に付着し、歯周病を進行させていきます。

ですので、このご自身では取りきれない部分を除去し、歯肉の健康を取り戻すなのが歯科医院になりますので、歯科医師や歯科衛生士にきれいにしてもらいましょう。

 

ただし、きれいになったらそれで終わりではないですよ!!大切なのはその後ですよ‼

なぜかと言うならプラーク(歯垢)や歯石を除去しても、それだけでは歯周病は治らないからです。

歯周病の治療において大事なのは、ご自身でブラッシングがしっかり出来ていないとまたプラーク(歯垢)が歯肉に入り込み、炎症が再発してしまうので、ブラッシングをマスターしないといけません。

当院でもブラッシング指導を行っていますので、分からないことがあれば、歯科医師又は歯科衛生士に聞いてみて下さいね。

 

一緒に力を合わせて歯周病を治していきましょう(^^)/\(^^)

 

そして、何より大切なのは、歯周病が治ったとしても、定期的にメインテナンスを続けて、歯肉の健康を保っていくことですよ。

先日、伊豆に行った時に富士山の初冠雪が見れました♪あまりに、きれいだったので思わず写真を撮りました(^O^)

2015年10月25日

歯周病ってどんな病気?

またまた久し振りの更新になりすみません。

歯科衛生士の池内です。

皆さん、歯周病ってどんな病気かご存じですか?言葉は、テレビやCMでよく聞くようになりましたが、実際どのような病気?と聞かれるとなかなか答えられないですよね。

では、歯周病の説明をする前に、まずプラーク(歯垢)の正体は何だと思いますか?

食べかすでしょうか?細菌の固まりでしょうか?

そう!プラーク(歯垢)の正体は、食べかすっはなく、歯に付着する細菌の固まりなんです。

そのプラーク(歯垢)によって、歯周病が引き起こされるんです。

プラーク(歯垢)により、歯茎に炎症(歯茎が腫れたり、出血したり、更に悪化すると膿が出てくる事も) が起こると、歯と歯茎の境目の溝が深くなってきます。

この歯と歯茎の境目の溝の事を、「歯周ポケット」と言います。

人間の体は、内部に外敵(この場合は、プラークですね)が入り込もうとすると、白血球をはじめとした防衛軍団が体を守ろうと細菌と戦います。ですが、細菌の数が増えれば防衛軍団が頑張っても細菌の侵入を食い止める事が出来なくなり、その結果歯茎が下がり、歯周ポケットが出来てしまいます。

その歯周ポケットの中にまでプラークの細菌が入り込んでしまうと、歯茎の深い部分にも炎症が広がって、やがて炎症は歯を支えている骨などの部分に近づいてくるのです。

歯を支えている骨は炎症から逃げようとして体に吸収され骨が溶けていくんです。それが『歯周病』です。

そして、症状の進行とともに、歯がぐらつき最終的には、歯が抜けてしまいます。

歯周病菌は、全身にも悪影響を及ぼす恐い生活習慣病の1つで、細菌による感染症です。

初期症状はほとんどないので、自覚症状がなくても定期的に歯科医院でチェックを受ける事をおすすめします。

 

 

2015年9月24日

皆様、お久しぶりです♪

歯科衛生士の池内です。DSC_0142

連日猛暑日が続いていますが、皆様いかがお過ごしですか?

こんなに暑いと夏バテしそうですね(((^_^;)

体調にはくれぐれも気をつけて下さいね。

先日、夏季休暇を利用して、奈良の燈花会に行って来ました‼

久しぶりに奈良国立博物館や興福寺の五重塔、猿沢池周辺をブラブラしてリフレッシュしてきました(^O^)DSC_0140

燈花会凄くキレイでしたよ⭐

今年は、もう終わってしまいましたが、まだ行った事がない方は、来年是非(^-^)/

また明日から仕事頑張るぞ!!

 

2015年8月16日

スタッフ募集

当院が求めるスタッフとは、

1,個人プレーでなく、チームワークを大切にする方。
2,患者様により良い治療を提供したいと考える方。
3,スキルアップや勉強を面倒がらずに取り組める方。
4,患者様に笑顔が出せて謙虚でいられる方。
5,患者様への説明とコミュニケーションが大切だと考えてる方。
6,他人に言われなくても自分から進んで行動できる方。
7,タバコを吸わない方。

以上の考えに共感出来る方、よしだ歯科は大歓迎します。

—————————————————————————-
【募集要項①】

職種
歯科衛生士

勤務形態
(1)常勤
(2)パート

給与
当医院給与規定による

賞与
(1)年2回

休日
(1)日曜、祝日、平日1日
(2)応相談

加入保険
歯科医師国保、労働保険(労災雇用)、厚生年金

面接のご連絡はお電話にてお願いします。詳細は面接にてお伺いします。
—————————————————————————-

—————————————————————————-
【募集要項②】

職種
受付、歯科助手

仕事内容
受付業務、歯科医師・歯科衛生士補助、院内清掃

給与
当医院給与規定による

休日
木曜、日曜、祝日

加入保険
歯科医師国保、労働保険(労災雇用)、厚生年金

面接のご連絡はお電話にてお願いします。詳細は面接にてお伺いします。
—————————————————————————-

2015年6月4日

新しい事への挑戦

DSC_0078DSC_0065こんにちは(・∀・)ノ

歯科衛生士の池内です。

私は、最近お魚をさばく料理教室に通っています。ずっと、気になっていた料理教室だったのですが、人気のようでなかなか予約がとれず念願叶ってようやく通う事が出来ました‼

何かを始めるのって、勢いだったりタイミングも重要だったりしますよね。やりたいと思ってもなかなか実行に移せない事もあったり…

仕事においてもよく似た部分があるかもしれませんね。

新しい分野の勉強もしてみたいけど、今更無理かな?と思ったり、やりたいけど、頑張れるかな?と思ったり…出来なくて傷つきたくないなぁと思ったり…

色んな葛藤があるかもしれないけど、その壁を突き破った時こそ、いい経験が出来る事もあるかもしれないと私は常々感じています。

そこには、新たな出逢いもあるだろうし、それによって成長もあると信じています。今までは、仕事にやりがいが感じれなくてただただ時間が経つのを待っていた人でも、あることがきっかけで変わる事だってあると思いますし、ターニングポイントってそれぞれある気がします。

人って、環境や出逢いによって年齢に関係なく変われるのではないかなと…

こんな偉そうな事を言える立場ではないですが、私も、これから更に色んな事に挑戦していきたいと思っています。

共に成長し、学びを分かちあえる素敵なスタッフを当院では募集をしています。一緒に頑張っていきましょう。

 

2015年5月30日

正しい姿勢で食事をするために…

DSC_0102DSC_0103DSC_0104DSC_0105皆さまお久しぶりです。

歯科衛生士の池内です。なかなかなブログが更新出来ていなくてすみません。

お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、少しHPがリニューアルしました♪

では、本日は「正しい姿勢で食事をするために」と言う事をテーマにお話させて頂こうと思います。

食べること、話すこと、呼吸することなど、日常生活におけるお口と関連した機能は、身体の姿勢と密接に関係があります。正しい姿勢は、MFTの基本でもあります。

正しい姿勢とは、簡単に言うと「首をまっすぐ姿勢よく」です。

食べ物をお口に運ぶ時から、正しい姿勢を意識し、噛むときにも良い姿勢を保つ事を心掛けましょう。

では、食事の状況別にお話させて頂きますね。

それでは、おにぎりやパンなど、手で直接持ってお口に運ぶ場合から。

まず、手をお口に近づけて前歯でかじり取りましょう。そして、少し奥に移動させて数回噛んだ後は奥に舌で運んでよく噛んでから飲み込みます。

次は、手に持った食器からお箸でお口に食べ物を運ぶ場合です。良い姿勢のまま、た食べ物をお口に近づけるようにして、食べ物をお口に入れて下さいね。

最後は、食器を置いたまま食べ物をお口に運ぶ場合です。この状況の時が、食べる姿勢が変わりやすいので、要注意ですよ。

お口に食べ物を入れる時、顎を突きだして、お口から食べ物を迎えにいくようにしてしまうと、背が丸まり、首が前に倒れてしまい、姿勢が崩れてしまいます。

背中から首の後ろの部分がまっすぐなまま、腰から身体を前に傾けて食べ物をお口の中に入れるようにすると良い姿勢が保てますよ。そして、お口の中に食べ物を入れたら元の背中をまっすぐな姿勢に戻して奥歯でしっかり噛みましょう。

みなさん、いかがでしたか?普段の姿勢から見直してみましょう。

正しい姿勢にすることで、口元もよくなり表情も変わりますよ。

2015年5月24日

今年も桜の季節がやってまいりました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちは、院長の吉田です。

今年も当院前の桜も満開が近づいてまいりました。

おかげさまで、私がこの桜を見るのも14回目になりました。

思い起こせば開院した当初は私一人で受付、電話応対、治療、会計の全てを行っていた時もあり、患者様には大変ご迷惑おかけしたことと思います。本当に申し訳ありませんでした。

その後歯科医院が激増してるにもかかわらず当院を利用していただき、中には当時から10年以上定期健診等で利用していただいております患者様もいらっしゃり本当に感謝しております。

私事ではありますが、その後優秀なスタッフに恵まれたおかげでこの厳しい時代を乗り越え今年もこの綺麗な桜を見ることが出来たと思っております。スタッフにはいつも助けてもらっており、本当に感謝です。

これからも今福鶴見の住民の皆様ならびに勤務されておられます方々の歯科口腔外科のホームドクターとしてスタッフ共々、益々研鑽を積み、最新技術を取り入れ、少しでも皆様の健康増進に寄与出来ればと思っております。

どうぞこれからもよろしくお願い申しあげます。

(写真は当院1番チェアーからの景色です。患者様からは大好評です!)

2015年3月28日

お久しぶりです!

こんばんは!衛生士の谷口です。

まだ少し肌寒い日々が続いてますが、
皆様お元気でしたか?(^人^)

3月もあと少し。
桜が少しずつ咲き始めていますね!

よしだ歯科の1番チェアーから見える桜も
だいぶ咲き、患者さまからも綺麗だと
言っていただけます(*^_^*)✳︎
あと少しで満開?というかんじです!

最近、歯医者さんにいってないなあ〜
久しぶりに検診してみよう!という方
ぜひ!よしだ歯科へ!!p(^_^)q

先日、患者さまから教えていただいた
温泉へ友人といってきました(^人^)
色んな所の温泉へ行かれている方が
おすすめしていた温泉でしたので、
期待いっぱいで行くと
とーーーっても良い温泉でした☆

次は母と一緒にいこう!と約束しました。笑
本当におすすめなので気になる方は
谷口までp(^_^)q☆p(^_^)q

また更新します!!!

150327

2015年3月27日

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12